SSブログ

民団が小冊子「近代史」発行 「日本人の歴史認識ただすため」といふが…… 「強制連行」記述なし [韓国]


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
民団が小冊子「近代史」発行
「日本人の歴史認識ただすため」といふが「強制連行」「慰安婦」の記述なし
(「神社新報」平成16年2月2日)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

光化門.jpeg
 今年の大学入試センター試験の「世界史」に歴史的根拠のない「朝鮮人の強制連行があった」を正解とする設問が出題され、社会問題化してゐる折も折、在日韓国人の団体・在日本大韓民国民団(民団)の中央本部が小冊子「韓国と日本─あらためて近代史を考える」を発行した。

 小冊子は、拉致問題の解決を訴へるため昨年十月に開かれた集会「救う会東京」で基調講演した石原慎太郎都知事が「私たち(日本)は武力で(韓国を)侵犯したんぢゃない」「日本の植民地主義は人道的で人間的だった」などと語ったのを「妄言」ととらへ、日本の指導者たちの「悪意に満ちた歴史認識」をただすために発刊された、と説明されてゐる。

 在日の大学教授らが編集を担当したといふ小冊子は、「江華条約」「日清戦争」「日露戦争」など日韓近代史の七項目について検証し、「植民地時代」には「皇国臣民化」政策で「神社強制参拝」「韓国語使用禁止」「創氏改名」が「断行」された、と韓国の国定歴史教科書に似た歴史批判を加へてゐる。

 しかしその一方で、日本批判の際の常套句である「日帝」は見当たらない。入試センター試験問題を機に注目されてゐる「強制連行」については言及がなく、代はりに「土地と生活基盤を奪われた流浪民が満洲や日本などに移住した」といふ表現が見られる。歴史研究が進み、事実ではないと確認された「従軍慰安婦」についてはまったく記述がない。

 民団は小冊子を二万五千部を用意したといはれ、国会議員や全国の各自治体関係者、一般個人に無料配布してゐるが、韓国・朝鮮問題が専門の日本人研究者は「強制連行や慰安婦に関する記述がないのは、在日の朝鮮史研究者たちが自信を失ってゐる現れではないか」と語ってゐる。

 在日の運動家ならいざ知らず、研究者なら客観的実証的に歴史を探究する。「従軍慰安婦」「強制連行」を記述することには二の足を踏まざるを得ないのであらう。

 だとすると、「強制連行があった」と記述する日本の歴史教科書や、その教科書に基づいて出題した大学入試センター試験の異様さがあらためて浮かび上がってくる。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。