SSブログ

アナン事務総長『アジア歴訪』の伝えられ方 [歴史問題]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」からの転載です。


 今週日曜日の14日から韓国、日本、中国などアジア歴訪の旅を続けるアナン事務総長が歴史問題、靖国問題に言及する発言を繰り返しているように伝えられています。アナン事務総長は問題の「克服」を呼びかけているのでしょうが、「解決」どころか、事務総長の意に反して、その発言が靖国参拝批判に利用されているようにも見えます。

 まず手始めは、10日、アジア歴訪を前にしたニューヨークの国連本部でのアジア主要メディアによる合同インタビューです。

 朝日新聞の報道では、歴史問題をめぐる対立について、アナン事務総長は「あなた方は隣人を選ぶことはできない」と語り、その一方で「歴史には誠実に向き合うべきだ」「過去の過ちを理解し、それを繰り返さないようにしなければならない」と歴史教育の重要性にふれたと伝えられています。
 http://www.asahi.com/international/update/0511/010.html

 しかし、中国の中国国際放送局(CRI)はもっぱら「アナン事務総長が日本に歴史を見直すよう促した」と伝えています。
 http://www.china.com.cn/japanese/237140.htm

 この報道では、小泉参拝について、アナン事務総長が、江沢民ばりに「過去を直視し、未来に目を向けて」と表現し、「第二次大戦の歴史に対処するよう希望する」と語ったことにもなっています。

 最初の訪問国である韓国では、国連のブリーフィングによると、北朝鮮の核問題や日韓関係などについて盧武鉉大統領や潘基文外相と意見交換したと報告されています。
 http://www.un.org/News/ossg/hilites/hilites_arch_view.asp?HighID=563

 しかし、ソウル到着時点の韓国政府の発表では、3日間の滞在中に、第二次大戦後のヨーロッパのように、アジアの和解への希望が表明されることが期待されていると伝え、ニューヨークの会見を引用して、歴史に誠実であることの必要性を強調した、と、まるでアナン訪問の主たるテーマが歴史問題にあるかのように伝えていました。
 http://www.korea.net/News/News/NewsView.asp?serial_no=20060514008

 ところが、アナン・盧武鉉会談後の発表は一気にトーンダウンします。
 http://www.korea.net/News/News/NewsView.asp?serial_no=20060516024

 アナン事務総長は、韓国と国連との間の一般的な歴史と特殊な関係を引用しながら、韓国を急速に経済成長し、民主化を成し遂げたモデル国家と描写し、国際社会に大きな役割を果たすよう期待を語ったと伝えるばかりで、歴史問題は「事務総長は北朝鮮の核問題と日本の歴史問題のただ中にあるアジアを訪問中」という表現の中に押し込まれています。

 韓国の中央日報が、盧武鉉大統領はアナン事務総長を前にして、日本を真正面から批判したと伝えているのとは、かなりの温度差があります。
 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=75782&servcode=200§code=200

 その昔、日露戦争後、日韓協約が調印され、韓国は日本の保護下に置かれることとなりました。外交権を奪われたことを不満とする韓国皇帝は、オランダでの万国平和会議に密使を派遣して条約の不当を訴えようとして失敗、退位しましたが、そんな古い歴史を思い出すのは、私だけでしょうか。

 その後、アナン事務総長はソウルを発ち、16日に来日しました。日本のマスコミは、事務総長が小泉首相や麻生外相に、靖国参拝などで冷却化する日中、日韓関係の改善を要請し、記者会見では小泉首相の靖国参拝について懸念を示した、と伝えています。
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060518i416.htm?from=main4

 しかし国連のブリーフィングでは、アナン事務総長は小泉首相の野口英世賞創設をたたえた、と伝え、日韓関係はテーマの1つに過ぎません。アナンの第一の関心事が北朝鮮の核問題であることはいうまでもありません。
 http://www.un.org/News/ossg/hilites/hilites_arch_view.asp?HighID=564

 さて、アナン事務総長は北京に発ちました。今度はどのような報道がなされるのでしょうか。

タグ:歴史問題
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。