SSブログ

アメリカ同時多発テロから5年 [イスラム]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」からの転載です


「9.11」同時多発テロから5年がたちました。

 あの痛ましい事件のあと、それでなくとも20年以上も戦乱のさなかにあるアフガニスタンが連日、国際社会からの武力攻撃をを浴びました。テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビンラディンとそのテロ組織アル・カイダ、そして彼らをかくまっているタリバン政権を標的とする、米英軍などの激しい「報復」でした。

 そのころ私は宗教専門紙の連載で、東西文明を結ぶシルクロードの要衝であるアフガニスタンを拠点とし、国際社会を敵にまわしたテロ事件はなぜ起きたのか、何がこの国を、「目には目を」の世界的規模のテロ戦争の舞台に仕立てたのか、について書きました。

 ビンラディンそしてタリバンは米英軍の前に膝を屈するだろうか、と私は記事の中で自問しました。コーランにはこう書かれています。「神を持たぬ異端者にムスリムを支配する権利はない」。聖戦に敗北はあり得ないのです。だとすれば、イスラム勝利の日まで戦いは続くのではないか、というのが私の結論でした。

 歴史をさかのぼれば、19世紀、アジア諸地域がヨーロッパ列強の侵略にさらされていたころ、アフガンも例外ではありませんでした。

 英露両国のはざまで、困難な国家運営を迫られました。ハーン国王がロシアと友好条約を結ぶと、これを「対ロシア接近」と見たイギリスは軍隊を侵入させます。第一次アフガニスタン・イギリス戦争です。

 カブールは陥落し、国王は降伏するのですが、異教徒の支配を許さないアフガン人のゲリラ戦は続き、結局、16000人のイギリス軍は全滅しました。

 そのような歴史からすれば、イスラムの敗北はない、というのが私の予想だったのですが、5年後のいま、その予想は的中しました。アフガンで、さしてイラクで戦乱は泥沼化する一方です。

 5年前の記事は「アーカイヴズ」に近日中にアップする予定です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。