SSブログ

川瀬さん、今城女官はなぜ「魔女」呼ばわりされなければならなかったのですか? [宮中祭祀]


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
川瀬さん、今城女官はなぜ「魔女」呼ばわりされなければならなかったのですか?
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
☆★So-netブログのニュース部門で、目下、ランキング13位(5926ブログ中)。上がったり下がったりです。皇室論の真っ当な議論を喚起するため、「nice」をタップしていただけるとありがたいです。〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/〉★☆


産経新聞が毎週末、川瀬弘至『昭和天皇実録』取材班キャップによる、意欲的な超長期連載「特集・昭和天皇の87年」を掲載しています。7月5日は第240回「宮中のあつれき─皇居に魔女が現れた?! 女官追放と皇后の涙」でした。〈https://special.sankei.com/a/society/article/20200705/0001.html

川瀬さんによると、昭和天皇は晩年に腰を痛められた香淳皇后を誰よりも労わられ、生涯、夫婦愛に変わりはなかったが、一方、側近の入江相政侍従長らは皇后への配慮に欠け、軋轢を生んだ。その典型が「魔女騒動」だと書いていますが、重要なポイントを読み違えているように私には思われてなりません。

川瀬さんが参考資料に挙げている河原敏明さんの「昭和天皇を苦悩させた宮中『魔女追放事件』の真実」(『現代』平成11年1月号所収)と同様、昭和40年代以降、宮中を大きく揺るがしていた祭祀簡略化問題への追究が十分ではないと思われるからです。入江の皇后への「気遣い」不足程度のこととは私には到底、思えません。

河原さんは祭祀簡略化問題への視点が欠けていました。川瀬さんは祭祀簡略化には言及しながら、関連性の探究が不十分です。

 【関連記事】入江侍従長の祭祀簡略化工作と戦い敗れた女官──河原敏明「宮中『魔女追放事件』の真実」を読むhttps://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2016-07-03


▽1 『入江日記』に引きずられている

川瀬さんは『入江日記』を引用し、昭和40年代前半に「魔女」(今城誼子女官)が登場し、入江らと対立したことを取り上げています。

最初は男子禁制の剣璽の間に侍従が無断で入ったことで、宮中のしきたりに厳しい今城さんが猛抗議します。

川瀬さんが書いているように、44年に入江が侍従長に昇格すると、今城さんとの対立は決定的になりました。入江が進める宮中祭祀の簡略化に対して、厳格派の今城さんが黙っているはずはないからです。

川瀬さんは、今城さんが規律や慣例を重視したことが、ほかの女官や侍従らの反感を買ったのではないか。今城が香淳皇后に重用されたため、嫉妬も渦巻いたことだろう。入江と宇佐美毅長官は今城追放を画策し、昭和天皇も賛同した、と書いていますが、そうなのでしょうか。

入江が今城さんを魔女呼ばわりしたのは事実ですが、ほかの女官から反感を買ったとは聞きません。むしろ信望が厚かったと私は宮内庁OBから聞いています。逆に、入江の方が評判が悪いのです。川瀬さんは入江の日記に引きずられていませんか。

入江と今城さんは堂上家の出身で、出自も似ています。祭祀嫌いの入江にとって、今城さんは目障り以外の何ものでもなかったのでしょう。だから「魔女」呼ばわりしたのです。

川瀬さんのいう、昭和天皇の「賛同」も怪しげです。争わずに受け入れるのが天皇の至難の帝王学だからです。入江日記には入江が画策する祭祀簡略化に天皇が賛同したかのような記述が見受けられますが、逆に抵抗の跡もはっきりと読み取れます。入江は死後、多くの人が読むことを意識して、白を黒と書いていると私は確信しています。


▽2 祭祀簡略化工作の一環

結局、川瀬さんの考察からは、今城さんがなぜ「魔女」呼ばわりされなければならなかったのか不明です。私が拙著『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか』(並木書房)で取り上げた、入江や富田朝彦長官による祭祀簡略化・改変の本質も見えてきません。したがって、宮中を揺るがした「軋轢」の核心も見えません。

川瀬さんは、拙著はもちろん、今城さん追放事件について書いた拙文も、取り上げていません。

川瀬さんは最後に、「天皇は古来、「国平らかに民安かれ」と祈る祭祀王であり、宮中祭祀は皇室の存在理由そのものといえる。入江らには理解できなかったようだが」と書いていますが、なぜ入江には理解できなかったとお考えなのでしょうか。

万年ヒラの侍従だった入江の祭祀嫌いと加齢による暴走こそ、「魔女」追放=祭祀簡略化工作の本質だと私は考えていますが、いかがでしょうか。今城女官追放は祭祀簡略化の一環だったのです。


☆斎藤吉久から☆ 当ブログ〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/〉はおかげさまで、so-netブログのニュース部門で、目下、ランキング13位。アメーバブログ「誤解だらけの天皇・皇室」〈https://ameblo.jp/otottsan/〉でもお読みいただけます。読了後は「いいね」を押していただき、フォロアー登録していただけるとありがたいです。また、まぐまぐ!のメルマガ「誤解だらけの天皇・皇室」〈https://www.mag2.com/m/0001690423.html〉にご登録いただくとメルマガを受信できるようになります。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。