So-net無料ブログ作成

やっと巡り合えた粟の酒 ──稲作文化とは異なる日本人の美意識 [天皇・皇室]

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
やっと巡り合えた粟の酒
──稲作文化とは異なる日本人の美意識
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 知り合いの神社関係者から粟の焼酎が送られてきました。私が長年、粟の酒を探し続けているのを知って、お気遣いくださったのです。念願がかない、感無量です。すっきりした味わいに、かすかな粟の香りがしました。

 いただいたのは、鹿児島・阿久根市の大石酒造が生産した粟焼酎100%の古酒「御吉兆」で、同社の説明によれば、1992(平成4)年に粟と米麹を原料にもろみをしこみ、限定的1100本を蒸留、長期間、甕で貯蔵したとあります。アルコール度数28%、「0138」のシリアルナンバーが付されていました。

 大石酒造は明治32年創業の比較的新しい酒蔵のようで、商品のラインアップを見ると、創業以来の代表銘柄「鶴見」をはじめ、すべてが芋焼酎です。

 ならばなぜ、粟焼酎を限定生産することになったのでしょう?

 同社のHPには、粟はかつて山里に暮らす日本人にとって大切な作物だったこと、日本の焼酎の黎明期には主要な原料の1つとされたことが説明されています。

 鹿児島は火山灰土壌の土地柄で水田稲作には不向きです。たびたび飢饉が起こり、救荒作物として江戸初期にひそかに導入されたのがサツマイモ(甘藷)でした。良民を救うため、琉球に密航し、ご禁制の芋を持ち帰り、人々を救ったものの、重罪に問われ、のちになって神社に祀られた義人もいます。

 大石酒造5代目、現在のご当主・大石啓元氏にうかがったところでは、市内の南方神社(諏訪神社)の鳥居は17世紀、焼酎醸造に関連して奉納されたことが知られているそうです。阿久根焼酎の起源を記録する史料ともいわれます。

 しかし、5代目によると、当時はまだサツマイモはなかったはずだから、芋焼酎のはずはない。雑穀を原料に造ったのではないか、と興味を持ち、粟の焼酎を再現することになったというのです。

 焼酎王国と称される九州には、米、麦、そば、イモ、黒糖など、さまざまな原料から造られる焼酎があります。南蛮時代に蒸留器が伝わってくる前は、それぞれの醸造酒があったのだろうと私は想像します。やがて蒸留技術の導入で、全国に轟く焼酎文化が豊かに花開いたのでしょう。

 大石酒造の「御吉兆」は、ラベルに「粟穂に鶉(うずら)」の絵が描かれています。「収穫の季節が到来したことを表すおめでたい情景として、美術や建築の題材として描かれてきた」と説明されています。銘柄の「御吉兆」は、「ウズラの鳴き声が『ゴキッチョー』(御吉兆)と聞こえる」ことが理由だそうです。

 化粧箱に納められた一枚の説明書きに、江戸時代、関東一円を席巻し、明治維新後、衰退した宮大工「立川流」が、この「粟穂に鶉」を好んで彫刻したことが書かれています。たとえば、日光東照宮以来の徳川幕府による大造営といわれる静岡浅間神社(静岡市葵区)の本殿には、二代立川和四郎冨昌が制作した「粟穂に鶉」の極彩色の彫刻があります。

「粟穂に鶉」は水田稲作とは異なる、畑作農耕と食の歴史と文化をいまに伝える日本人の伝統的美意識なのでしょう。

 しかし、いつの間にか、粟食も粟酒も失われてしまいました。ある著名な民俗学者が、大正のころまではごくふつうに飲まれ、飲みやすい半面、悪酔いしたと教えてくれた粟酒の実物に、私が巡り会えずにいたのはそのためです。

 けれども、ほんとうに美味しいなら、歴史が途絶えるはずはありません。その点、5代目の大石さんから、じつに興味深い話を聞きました。

「御吉兆」の原酒が蒸留されたのは平成4年ですが、逆に「美味しくなかった」のです。ところが、それから20数年、検査のため試飲してみると、味が激変し、美味しくなっていたというのです。「これなら市場に出せる」と商品化されたのが2年前でした。

 この秋、天皇陛下は1世一度の大嘗祭で、米とともに、粟の御飯(おんいい)を天神地祇に捧げられ、みずから召し上がり、国の平安と民の安寧を祈られます。

 同時に捧げられる白酒(しろき)黒酒(くろき)の神酒は、いまはいずれも米の新穀を原料に用い、延喜式に掲載される製法で醸されますが、かつては米の酒と粟の酒だったのではないかと私は想像しています。

 畑作民の粟と水田農耕民の米による複合儀礼であることが、スメラミコト天皇の御代替わり儀礼にはもっとも相応しいと思うからです。白酒黒酒という呼び方自体、後世、陰陽五行説の影響を受けた結果ではないかとも想像するのです。

 来年、阿久根の南方神社では、8年ごとの例祭が行われるそうです。粟焼酎の「御吉兆」も奉納されるのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

価値多元主義の潮流に逆行 ──涙骨賞落選論文「天皇とは何だったのか」10 [天皇・皇室]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジン(2019年9月1日)からの転載です

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
価値多元主義の潮流に逆行
──涙骨賞落選論文「天皇とは何だったのか」10
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 今回の御代替わりについて、政府は、「憲法の趣旨に沿い、かつ、皇室の伝統等を尊重」「平成の前例踏襲」という「基本方針」を示しているが、既述したように、さまざまな不都合が指摘される。

 それらが「1強」と呼ばれる保守長期政権によって招来されていることに、私は長嘆息を禁じ得ない。敗戦後、社会党政権下でさえ、天皇の祭祀は粛々と行われていたのに、である。

 なぜこんなことが起きるのか。

 けれども、今回の御代替わりについて、本質的議論を加えるべき時機はもはや逸している。戦後70年間、本格的議論ができなかったことが返す返すも悔やまれる。

 皇室のあるべき儀礼とはいかなるものか、あるべき天皇制とはどのようなものか、国の法体系とはどのようにあるべきか、将来に向けた、抜本的な検討が求められていると思う。

 アメリカでは2001年の9・11同時多発テロの3日後、ワシントン・ナショナル・カテドラルで犠牲者追悼のミサが行われ、各宗教の代表者が祈りを捧げた。03年のスペース・シャトル「コロンビア号」の事故でも、同様に多宗教的儀礼がここで行われた。

 同聖堂は国家が祈りを捧げる「全国民の教会」とされ、100年余の歴史を誇る。大統領就任ミサを始め、しばしばホワイト・ハウスの依頼でミサが行われ、現職ならびに歴代大統領ほか政府高官らが参列し、費用は政府が実費を負担しているという。

 カテドラル関係者は「儀式は当然、宗教的だ。祈りは宗教的行為以外の何ものでもない」と明言するが、政教分離原則に違反するとは考えられていない。政教分離主義の源流とされるアメリカは、みずからの宗教的伝統に従って、国事を執り行っている。

 キリスト教世界では大航海時代とはうって変わり、とくに第2バチカン公会議以降、多宗教的、多元的な価値を積極的に認めるようになっている。ローマ教皇は何度もイスタンブールのブルーモスクで和解と平和の祈りを捧げている。

 しかし、宗教の平和的共存、価値多元主義の容認は、むしろ日本の天皇制こそその先駆けではなかったか。「およそ天皇、即位したまはむときは、すべて天神地祇祭れ」(神祇令)とされ、歴代天皇は稲作民の稲と畑作民の粟による儀礼を継承し、国と民のために祈りをつむぎ続けてこられた。

 天皇の祭りこそは信教の自由を保障するものだろう。なぜ一神教世界由来の政教分離の対象とされなければならないのだろうか。

 ところが現代の日本人には問題意識が乏しい。私たちは近代化の末に、文明の多元的価値を見失っている。そればかりでなく、世界の価値多元主義的潮流に逆行している。天皇とは何だったのか、私たちはいま一度、謙虚に問い直すべきではなかろうか。(終わり)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース