SSブログ

大石眞先生、男系の絶えない制度をなぜ考えないのですか?──5月10日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 2 [有識者会議]

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
大石眞先生、男系の絶えない制度をなぜ考えないのですか?──5月10日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 2
(令和3年6月13日、日曜日)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


前回の続きです。

2番手は大石眞・京都大学名誉教授(憲法学)でした。大石氏は以前、取り上げたことがあります。そのときは改元がテーマでした。保守主義の立場に立つ、じつに見識ある改元論で、感銘を受けました。

その大石氏が今回のヒアリングで、女系継承容認を表明されたのには、正直、大きな衝撃を受けました。日本の保守派を代表する知識人が女系継承を容認するという現実に、現下の問題の難しさをあらためて痛感させられました。

それならなぜ、大石氏は女系継承容認に傾いたのか、資料を読んでみると、歴史的考察の欠落という保守主義者にとって致命的な欠陥が浮かび上がってきます。視点がまるで違うということです。

以下、レジュメに沿って、かいつまんで検証します。


▽2 大石眞氏──憲法論の箱庭を飛び出せないのか

聴取項目の1は、「天皇の役割や活動」です。大石氏は憲法学者らしく、あくまで憲法論を展開しています。これですべてが氷解されます。大石氏の天皇とは、仰せのように「憲法的な機関」であって、それ以上ではありません。

たしかに、日本国憲法に基づき、国事行為ほか御公務をなさる「象徴天皇」の継承問題を論じるのであれば、大石氏の議論は正しいかも知れません。けれども、日本の天皇は憲法上の国家機関という位置付けだけではすみません。だからこそ国民的議論を呼んでいるのです。

大石氏にとっての天皇は2.5代なのでしょう。しかし私たちが考えたいのは、126代続く天皇の皇位継承なのです。それが保守主義の立場ではないのでしょうか。

設問3は、「皇族数の減少」についてで、大石氏は、皇族数が減少すると、(1)皇室会議の議員を充足できなくなる、(2)午餐会・晩餐会、園遊会などで「歓迎」「交流」の実質を確保できなくなる、(3)とくに男子皇族の減少は皇位継承自体の危機をもたらす、と説明しています。

まったく正しい指摘ですが、肝心のポイントが抜けています。先帝時代に増え続けた御公務の見直しについてです。先帝の譲位も、御高齢で、しかも健康問題を抱えつつ、御公務を行うことの肉体的限界性が契機となりましたが、その後、見直し問題は忘れられています。御負担軽減のために、女性皇族に御公務を「分担」していただく、「女性宮家」創設も必要だという議論はどこへ行ったのでしょうか。

先帝の在位20年のあと、宮内庁は御負担軽減に着手しましたが、見事に失敗し、御公務は逆に増えました。その失敗の反省も検証もないままに、「男系『女子』への拡大と『女系』皇子孫への拡大」などと安易に論理を飛躍させるべきではありません。

設問4は「男系男子による皇位継承」についてですが、大石氏は、「皇族女子の皇籍離脱制度は、少なくとも皇室典範の立案・制定過程において、女帝否認以外に説明を見いだせない」「男系主義と女子の皇籍離脱との間に必然的な関係はない」として、「女性皇族の皇籍離脱制度は再考する必要があろう」と訴えています。

つまり、大石氏は、1点目として、126代続く天皇とは何だったのか、なぜ男系主義が採られてきたのか、について踏み込もうとしません。皇室の天皇観によれば、天皇は「公正かつ無私なる祭り主」であり、そのことと男系主義とは密接不可分のはずですが、ほとんどの知識人と同様、その本質を追究しようとはしません。だから、たやすく女系容認に走るのでしょう。

たとえばイギリス王室なら、王族同士の婚姻、父母の同等婚が大原則でした。しかし日本の皇室の場合は、小嶋和司・東北大教授(憲法学、故人)が指摘したように、父系の皇族性を厳格に要求してきました。その結果として「万世一系」が堅持されてきたのです。

2点目は、女性天皇が歴史的に存在するのに、明治以降、否定されたのには、以前、指摘したように、終身在位制との兼ね合いがあるからでしょう。大石氏の提案はこれを無視しています。

皇籍離脱の否定は、終身在位制を前提としたとき、何をもたらすのか、大石氏に分からないはずはないでしょう。それでも「女性天皇・女系天皇の実現可能性は、女性皇族の存在を前提としている」「女性皇族の皇籍離脱制度の改正が最優先に検討されるべきであろう」と仰せになるのなら、革命を煽ることと同じではありませんか。

設問5は「男系女子への皇位継承権拡大」、6は「女系への拡大」で、大石氏は、これまで説明してきたことから容易に想像されるように、「基本的な方向としては妥当」と仰せです。

ただ、「しかし、古来、皇位が男系のみで継承されてきた伝統は重い」「一挙に、皇位継承資格を内親王・女王に認め、女系にも拡大するという大転換が最善とも思えない」として、現実主義に基づく「段階」論を提示しています。「まずは、これまでの皇位継承法を維持することが可能な限り、それによるものとする」というわけです。

つまり、大石氏には、男系の絶えない制度を追求しようという意思がまったく感じられません。大石氏は保守主義を捨てたのですか。

設問7は「皇族女子が婚姻後も皇族身分を維持する」ことについてです。

大石氏は「当然ありうる」「生まれてくる子を皇族とすることは当然」「その配偶者についても皇族とすることが適当」と述べていますが、すでに述べたように、これは父系の皇族性を厳格に要求する「万世一系」の皇統を根本的に変更する革命的挑戦です。なぜそこまで飛躍するのか、説明が求められます。

設問9は、「養子縁組や旧宮家の皇籍復帰」についてですが、大石氏は、いずれも否定的で、とくに旧宮家の復帰については、憲法の平等原則に対する「例外」を設け、「皇族」という継続的な特例的地位を認めることになるから、「憲法上の疑念がある」と完全否定しています。

つまり、大石氏は11宮家が臣籍降下した、させられた歴史的事情への考慮がありません。占領という異常事態での、自発によらざる皇籍離脱の歴史的評価が抜けています。それでいいのかどうかです。

おそらく旧皇族の皇籍復帰となれば、70数年前、皇籍離脱を促した当事者であるアメリカは沈黙を破り、皇位継承問題は俄然、外交問題化する可能性を秘めています。それでも126代の男系継承を守るのか否か、問われているいま、私たちは憲法論の箱庭に収まるようなスケールの小さい議論を超えていかねばならないのではありませんか。


【関連記事】岡部喜代子先生「女帝は認めるが女系は認めない」現実論の前提を疑う──5月10日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 1〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-06-06
【関連記事】所功先生vs高森明勅先生「場外バトル」を解きほぐす補助線──4月21日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 番外編〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-05-29
【関連記事】本郷恵子先生、これがいまの東大歴史学のレベルなのですか?──4月21日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 4〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-05-22
【関連記事】古川隆久先生、男系維持のネックは国家神道史観ですか?──4月21日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 3〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-05-18
【関連記事】所功先生、「女系容認」派からの華麗な転身はなぜ?──4月21日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 2〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-05-17
【関連記事】今谷明先生、なぜ男系の絶えない制度を考えないのですか?──4月21日の有識者会議「レジュメ+議事録」を読む 1〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-05-16
【関連記事】レジュメだけでは不十分だった──4月8日の有識者ヒアリング「レジュメ+議事録」を読む 4〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-05-01
【関連記事】やはり「男系継承」の本質が見えない──有識者ヒアリングのレジュメ+議事録を読む 3〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-04-25
【関連記事】「伝統」だけで女系派を納得させ得るのか──有識者ヒアリングのレジュメを読む 2〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-04-18
【関連記事】案の定、男系継承の核心が見えない!?──有識者ヒアリングのレジュメを読む 1〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-04-14
【関連記事】「伝統」を見失った現代日本人に皇室の「伝統」が回復できるのか〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-04-12
【関連記事】だから「隔たり」が生じる。有識者会議が期待する「天皇の役割」と本来のお役割が違う〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-04-10
【関連記事】皇位継承有識者会議の最重要テーマは「天皇とは何か」だが…〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-04-04
【関連記事】政府が「皇位継承」有識者会議開催へ。正念場を迎えた男系派の覚悟は?〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-03-21
【関連記事】女系派が大多数を占める今日、男系維持派は何をすべきなのか?〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-03-14
【関連記事】伝統を失った日本人と天皇の未来。126代の皇統史に価値があると思うなら〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-02-14
【関連記事】生々しい天皇意識を感じない?──過激派もネトウヨも神道学者も〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-01-31
【関連記事】昭和50年8月15日、天皇は祭祀大権を奪われ、そして歴史的混乱が始まった。──令和2年APA「真の近現代史観」落選論文〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-10-22
【関連記事】陛下のお稲刈りに思う。天皇の祭祀は神勅に基づくとする通説への疑問〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-09-20
【関連記事】「皇統は男系に限る」と断言しつつ、根拠は神勅と歴史以外に見当たらない『帝室制度史』〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-05-10
【関連記事】八木秀次教授の「皇位継承論」は女系容認論にどこまで有効なのか?〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-05-04
【関連記事】「愛子さま天皇」か旧皇族復帰か、皇位継承問題を単純化する現代人の3つの病理〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-04-26
【関連記事】男系継承派と女系容認派はカインとアベルに過ぎない。演繹法的かつ帰納法的な天皇観はなぜ失われたのか〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-04-05
【関連記事】櫻井よしこさん、守られるべき天皇の伝統とは何ですか。祭祀の本質とは何ですか?〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-03-28
【関連記事】天皇の祭祀を完全無視する河西秀哉准教授の「愛子さま天皇」容認論〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-03-21
【関連記事】男系主義の根拠が理解できない。園部逸夫vs御厨貴「週刊朝日」対談が示してくれた現代知識人のお寒いレベル〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-03-08
【関連記事】憲法の原則を笠に着る革命思想か。ジェンダー研究者の女性天皇論を読む〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-02-22
【関連記事】どうしても女性天皇でなければならないのか。男系を固守することは不正義なのか。なぜ男系の絶えない制度を考えようとしないのか?〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-02-09
【関連記事】天皇制をやめるんですか──伊藤智永・毎日新聞編集委員の皇室記事を読んで〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-01-05
【関連記事】皇室典範特例法を批判する by佐藤雉鳴──取り戻さなければならない皇室の歴史と伝統〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2018-06-24
【関連記事】園部内閣参与の質問を読む──皇室制度ヒアリング議事録から その1〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2012-08-19-1
【関連記事】基本を忘れた女系継承容認論──小嶋和司教授の女帝論を読む〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2011-12-31
【関連記事】血統主義と徳治主義の調和──西尾論文批判の続き〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2008-09-16
【関連記事】女系は「万世一系」を侵す──「神道思想家」葦津珍彦の女帝論(「論座」1998年12月号特集「女性天皇への道」から)〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/1998-12-01

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント